アウディは中古車ならオススメの人気車種でも100万~500万で狙える!各モデルの特徴と相場価格帯を比較しよう!






好条件の中古車を安く手に入れる

新型クラウン4種類で一番好きなのは?

1.クロスオーバー

2.スポーツ

3.セダン

4.エステート

★R4/7/21より投票中!
生まれ変わった16代目クラウンは、既成概念をぶっ壊し4つのボディタイプが登場。
投票結果はまた記事にしてお伝えしたいと思います!
---------------------------------------

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

☆ダッシュボードを挟み込めるスマホ車載ホルダー!

☆ハンドルに固定するだけでテーブルが作れる!

アウディは「技術による革新」をブランドスローガンに掲げ、常に高性能かつ先進的なクルマ造りをしている、ドイツを代表する自動車メーカーです。

ベンツ・BMWと比較するとリーズナブルな価格帯が人気を呼んでいますが、最低でも400万前後からのスタートであるため「ドイツ御三家」の名は伊達ではありません

アウディでは車種ごとに「頭文字にアルファベット」+「ランクを示す数字」がモデル名となっていて、統一感のあるデザインにより誰が見てもアウディだと一目で分かります

アウディの全モデルを解説、まずはA1とA3の人気コンパクトハッチバックから!《全モデル編》1/3

2020年9月8日

 

今回はそんなアウディのうち、Bセグメント(入門モデル)~Dセグメント(スタンダードな人気モデル)に該当する車種について、カンタンな特徴と中古車価格をまとめてみました。

中古車の価格帯としては概ね100万円~500万円に収まる形となるため、国産車を新車で買える多くの人にとって購入対象となり得るハズです。

 

■ アウディ中古車価格(100万円~500万円)インフォグラフィック

※引用・転載はご自由にどうぞ。ただし、引用・転載元の紹介として当ブログ(https://tone-edge.com/)へのリンクをご記載ください。

 

しかし「輸入車の中古車は何だか不安…」という人も中にはいると思います。そんな安心して中古車を買いたい人向けに、プロの専任担当者が相談に乗ってくれるサービスがあります。

優良な中古車が探せる「ズバブーン」なら、カーセンサー・グーネットでは掲載されない非公開車両から、あなたの要望にピッタリの中古車を丁寧に探し出してくれます。

無料登録はたった35秒!

プロの専任担当者がクルマ探しのお手伝い!

 

アウディのBセグメント(A1・Q2)

 

A1 《アウディの質感を十二分に感じられるエントリーモデル》

【2022年版】アウディ・A1スポーツバックの中古車購入マニュアル!排気量とオプションはよく考えよう!

2021年9月26日

■ スペック一覧

項目詳細スペック
サイズ(全長)4,045mm
サイズ(全幅)1,740mm
サイズ(全高)1,435mm
重量1,180kg
最小回転半径5.1m
燃費(JC08)16.3km/L
エンジン1.0TFSI
最高出力/トルク95ps/175Nm
タイヤサイズ17inch(215/45)
MMIナビ▲(+310,000円)

※A1 25TFSI S-lineを基準

 

■ 新車価格一覧

モデル・グレード新車価格
A1スポーツバック 25TFSI3,000,000円
A1スポーツバック 25TFSI advanced3,320,000円
A1スポーツバック 35TFSI S line3,560,000円

 

アウディの末っ子でありながら、名車クワトロの名残を残したデザインと重厚な乗り味が魅力のエントリーモデル。

全長4,000mmとコンパクトなので、日本の狭い住宅街でもスイスイ走っていけますが、アウディの最新装備はしっかりと揃っています。

みな

ヤンチャな犬っぽい顔つきが可愛らしいよね。

サイズがサイズだから、威圧感はあまりないね。

 

A1にはA1・A1スポーツバックの2種類があり、元々は3ドアのクーペスタイルで登場したのがA1です。その後利便性を高めた5ドアハッチのA1スポーツバックが登場しています。

カーセンサー・グーネットで「A1」と検索すると3ドアモデル「A1スポーツバック」と検索すると5ドアモデルが見れます。3ドアモデルは2016年で最終モデルとなっています。

みな

今はもう5ドアのA1スポーツバックしかないってことだね。

やっぱり人も荷物もたくさん乗って便利だからね。

 

最近は輸入車も国産車もコックピットが液晶表示のモデルが増えましたが、アウディも非常に美しい液晶メーター「バーチャルコックピット」が用意されています。

バーチャルコックピットはナビパッケージにセットされているため中古車市場ではほぼ標準装備といえます。他のモデルに見た目や機能性で劣ることもなく美しい画面を堪能できます。

 

中古車では3ドアのA1なら元気なクルマでも100万円台から十分狙えるので、国産車とは次元の違う乗り味をリーズナブルに堪能できるお得なモデルです。

A1スポーツバックは2019年より登場しており200万~300万と少し価格帯が上がりますが、5ドアの高い利便性や美麗なバーチャルコックピットといった多くの魅力を備えます。

みな

最新装備や積載力にそこまで拘りがなければ、走りはA1でも十分楽しめます。

国産車との乗り味の違いはビックリするよね。

 

 

Q2 ポリゴンモチーフでコンパクトサイズのSUV

■ スペック一覧

項目詳細スペック
サイズ(全長)4,205mm
サイズ(全幅)1,795mm
サイズ(全高)1,520mm
重量1,450kg
最小回転半径5.1m
燃費(JC08)18.9km/L
エンジン2.0TDI
最高出力/トルク150ps/340Nm
タイヤサイズ17inch(215/55)
MMIナビ▲(+350,000円)

※Q2 35TDI S-lineを基準

 

■ 新車価格一覧

モデル・グレード新車価格
Q2 35TDI advanced4,180,000円
Q2 35TDI S line4,550,000円
Q2 35TFSI advanced4,120,000円
Q2 35TFSI S line4,490,000円

 

2015年のデビュー当初は「♯型破る」というコンセプトメッセージとともに電撃登場した、ポリゴンをモチーフとした既存の枠にとらわれないSUVモデル。

サイズ的にはA1をSUVにしたような印象ですが、ポリゴンデザインはアウディの中でも異彩を放っていて押し出し感が強く意外と迫力があります。

 

デビュー当初はラーメンで有名な一風堂とコラボしていたことでも有名で、型破りな味付けのラーメンが1日20食限定で販売されていました。

みな

これ食べに行きたかったんだよねー!

開催期間が10日しかなくて行けなかったね…。

 

乗り味はA1よりは腰高なのでフワッとしますが、車両重量が軽いので軽快で取り回しやすく気軽にドライブすることができます。

Q2は2015年登場とまだ新しいので、中古車では200万~350万と価格は輸入車のSUVらしく少々高めではありますが、この価格帯ならボディカラーや装備もしっかり探せます。

 

アウディのCセグメント(A3・Q3・TT)

 

A3 スポーツバックがカッコいいCセグメント代表

【2022年版】アウディのA3スポーツバックを中古車で購入するときの注意点はコレ!価格帯・年式をグラフで解説!

2021年11月28日

■ スペック一覧

項目詳細スペック
サイズ(全長)4,350mm
サイズ(全幅)1,815mm
サイズ(全高)1,435mm
重量1,320kg
最小回転半径5.1m
燃費(WLTC)17.9km/L
エンジン1.0TFSI
最高出力/トルク110ps/200Nm
タイヤサイズ18inch(225/40)
MMIナビ▲(+260,000円)

※A3 30TFSI S-lineを基準

 

■ 新車価格一覧

モデル・グレード新車価格
A3スポーツバック 30TFSI3,320,000円
A3スポーツバック 30TFSI advanced3,640,000円
A3スポーツバック 30TFSI S line4,080,000円
A3スポーツバック 30TFSI quattro advanced4,620,000円
A3スポーツバック 30TFSI S line5,050,000円

 

小さな高級車」がコンセプトとされる、5ドアハッチバック&セダンがラインナップされるアウディの超人気モデルの1つです。

アウディでは4ドアクーペ的なハッチバックを「スポーツバック」と呼ぶため、ハッチバックはA3スポーツバックという名称となっています。

 

私が以前の乗っていたのはこのA3スポーツバックで、今乗っているのもS3スポーツバックなので、私はもう10年以上このサイズに乗っています。

【アウディ S3スポーツバック所有レビュー】S3 Sportsbackってどんな車?《レポート目次》

2019年11月23日
みな

Sモデルは見た目は同じでも性能が2倍以上違うんだよね。

まぁ価格も2倍くらい違うけど…。

 

見た目と実用性を兼ねたスタイルは日本でも非常に人気で、アウディの人気モデルの中でも常に上位に入っています。

中古車なら100万円台から狙えますが、先代(8V)は2013〜2021年とかなり期間が長いため、古い個体よりは2017年式以降がオススメです

※引用・転載はご自由にどうぞ。ただし、引用・転載元の紹介として当ブログ(https://tone-edge.com/)へのリンクをご記載ください。

【2022年版】アウディ・A1スポーツバックの中古車購入マニュアル!排気量とオプションはよく考えよう!

2021年9月26日

 

 

Q3 中古車なら150万から狙えるスタンダードSUV

■ スペック一覧

項目詳細スペック
サイズ(全長)4,490mm
サイズ(全幅)1,840mm
サイズ(全高)1,610mm
重量1,560kg
最小回転半径5.4m
燃費(JC08)17.5km/L
エンジン1.5TFSI
最高出力/トルク150ps/250Nm
タイヤサイズ18inch(235/55)
MMIナビ○(標準装備)

※Q3 35TFSI advandedを基準

 

■ 新車価格一覧

モデル・グレード新車価格
Q3 35TFSI4,630,000円
Q3 35TFSI advanced4,900,000円
Q3 35TFSI S line5,200,000円
Q3 35TDI quattro advanced5,310,000円
Q3 35TDI quattro S line5,610,000円

 

Cセグメントを代表するスタンダードなアウディのSUV。輸入車のSUVは国産車ほど車内が広くない割には全幅は1,840mmと広い点は要チェックです。

エンジンは35TFSI1.5Lターボ35TDI2.0Lディーゼルとなり、どちらも静かに街乗りする分には十二分な走りを見せてくれます。

Q3エンジンスペック

  • 35TFSI…150ps/250Nm(1,500~3,500rpm)
  • 35TDI…150ps/340Nm(1,750~3,000rpm)

⇒トルクはディーゼルエンジンの方が高くなっているが、最大トルクはガソリンエンジンの方が低い回転数から発生する仕様となっており、慣れればガソリンエンジンでも乗りやすい。最大出力は同じ150psなので、絶対的な速さはどちらも同じくらい。

 

Q3では派生モデルとしてクーペライクで超オシャレデザインのQ3スポーツバックと呼ばれるモデルがあり、こちらは今とても人気があります。

Q3より全高が50mm低くなるだけでなく、リヤに向かってなだらかに傾斜するルーフラインがクーペ的印象を強めていてクールです。

 

価格は新車だとQ3で500万円・Q3スポーツバックで550万前後となりますが、中古車ならQ3は150万~300万ですが、Q3スポーツバックは450万~600万とかなり高騰しています。

Q3は先代の2012~2020年のモデルなら安く買えます。ただし走行距離は3~7万kmが多く平均だと5万km付近となっていて、それなりに走っているクルマがメインとなっています。

 

TT 車内は狭いが超オシャレなラグジュアリークーペ

 

■ スペック一覧

項目詳細スペック
サイズ(全長)4,190mm
サイズ(全幅)1,830mm
サイズ(全高)1,380mm
重量1,300kg
最小回転半径4.9m
燃費(WLTC)14.5km/L
エンジン2.0TFSI
最高出力/トルク197ps/320Nm
タイヤサイズ17inch(225/50)
MMIナビ○(標準装備)

※TT 40TFSIを基準

 

■ 新車価格一覧

モデル・グレード新車価格
TT 40TFSI5,180,000円
TT 45TFSI quattro6,490,000円

 

実はすでに生産終了が決まってしまっている、アウディの黎明期を支えたバウハウスデザインの硬派な2ドアクーペです。

TTは現行モデルで生産終了、TTロードスター(幌付きのオープンモデル)は2020年にファイナルエディションが販売され、現在はすでに生産終了となっています。

みな

いつか見かけるたびにカッコいいと思ってたのに…。

今は贅沢なクルマは一部にしか需要ないから…。

 

乗り味は軽快ではなくむしろ重厚な印象で、一般的にスポーツカー的なヒラヒラと操作したい人には実はあまり向いていません。

抜群の接地感でゆったりラグジュアリーにドライブを楽しみたいなら、きっと満足できる仕上がりです。ただ全幅1,830mmに割には車内は相当狭いので必ず一度確認しておきましょう。

みな

ロマンスグレーのおじ様が運転してたらピッタリなクルマだね。

家族がいるとまず難しいクルマだもんね。

 

接地感はFFモデルでも十分に味わえますが、山道などを攻めて走りたい場合はクワトロがオススメです。ダイナミックモードにした時の感覚がFFモデルとは随分違います

TTの中古車の特徴として、他モデルとは異なりクルマ好きが多いために走行距離3万kmは全体の10%程度しかありません。ボリュームゾーンは5万km~7万kmとなっています。

中古車ではFFモデル(2.0TFSI・40TFSI)で150万円~400万円、クワトロモデルで150万円~350万円となり、駆動方式よりは走行距離での価格差が大きい印象です。

アウディTTクーペの中古車探しの注意点

  • 走行フィールはFF(前輪駆動)とクワトロでは明らかに違いが分かる
  • TTオーナーはクルマ好きが多いため、走行距離は5万km以上が多くを占める
  • FFモデルで150万円~400万円、クワトロモデルで150万円~350万円が相場価格
みな

まぁそりゃスポーツカーだもん、みんなたくさん乗るよね。

ある程度乗っている方が調子良かったりもするけどね。

 

輸入中古車を探すにあたっては、年式や走行距離・ボディカラーを含めた様々なポイントを押さえることが必要です。中古車を安く買うコツをまとめた別記事も併せて参考にしてください。

中古車を安く買うコツを分かりやすく解説!オススメの年式・走行距離・カラー・車種等と注意すべきポイントも!

2022年7月23日

 

 

アウディのDセグメント(A4・A5・Q5)

 

A4 アウディのスタンダードな人気セダン・ワゴン

 

■ スペック一覧

項目詳細スペック
サイズ(全長)4,760mm
サイズ(全幅)1,845mm
サイズ(全高)1,410mm
重量1,580kg
最小回転半径5.5m
燃費(WLTC)17.1km/L
エンジン2.0TDI
最高出力/トルク163ps/380Nm
タイヤサイズ17inch(225/50)
MMIナビ○(標準装備)

※A4 35TDI advancedを基準

 

■ 新車価格一覧

モデル・グレード新車価格
A4 35TDI advanced5,560,000円
A4 35TDI S line6,030,000円
A4 40TDI quattro advanced5,920,000円
A4 35TDI quattro S line6,390,000円
A4 35TFSI4,730,000円
A4 35TFSI advanced5,410,000円
A4 35TFSI S line5,880,000円
A4 35TFSI quattro advanced6,090,000円
A4 35TFSI quattro S line6,560,000円

 

アウディの売れ筋モデルとして、ベンツCクラスやBMW3シリーズと常に戦いを続けている人気車種です。セダンとアバント(ステーションワゴン)の2種類があります。

A3までとはインテリアが全く異なっているのが特徴でより伸びやかで洗練されたデザインとなっています。MMIディスプレイやエアコン、コンソール部分がより豪華になっています。

 

またプラットフォームもA3やTTで用いられるMQBプラットフォームからMLBプラットフォームへと変更されているため、乗り味や静粛性がワンランクアップするのも特徴です。

みな

そう!やっぱりA3と比べると車内が全然静かなんだよね。

Dセグメントの質感を感じさせるね。

 

セダンとアバントの販売割合はほぼ50:50ですが、わずかにセダンの方が多くなっています。私はA4アバントの伸びやかなスタイリング好みで、やはりA3とは迫力が違います。

 

中古車ではセダン・アバントともに200万円~450万円の幅であれば、走行距離も5万km以内で状態の良いクルマが狙えます。

欲を言えば3万km以内が望ましいですが、3万km以内だと2020年式~が多くなっています。ただ数は少ないですが2013~2017年式でも低走行車は見つかるので探してみましょう。

新しいA4になればなるほどディーゼル仕様が増えてきますが、ガソリンエンジンの2.0TFSIも低速トルクが太く気持ちよく走るので、より走りを楽しみたい人にはオススメです。

 

A5 A4をベースとした流麗なスタイリングが人気

■ スペック一覧

項目詳細スペック
サイズ(全長)4,705mm
サイズ(全幅)1,845mm
サイズ(全高)1,365mm
重量1,620kg
最小回転半径5.4m
燃費(JC08)19.0km/L
エンジン2.0TFSI
最高出力/トルク265ps/370Nm
タイヤサイズ18inch(245/40)
MMIナビ○(標準装備)

※A5クーペ 45TFSI quattro S lineを基準

 

■ 新車価格一覧

モデル・グレード新車価格
A5クーペ 40TDI quattro advanced6,750,000円
A5クーペ 40TDI quattro S line7,240,000円
A5クーペ 45TFSI quattro S line7,490,000円

※同じ仕様ならスポーツバックも同じ価格

みな

A5はスポーツバックを買う人が90%以上なのに、あえてクーペの情報を載せていくスタイル…!

だってねぇ、やっぱりクルマ好きならクーペでしょ?

 

基本はA4のデザインをそのままに、天井を低くしてシュッとしたクーペに仕上げたのがA5シリーズです。プラットフォームだけでなく各部品もほとんどがA4と共通とされています。

A5はクーペ・スポーツバック・カブリオレと元々は3モデルありましたが、A5カブリオレは2019年に販売終了しました。現在は2モデル体制で人気は圧倒的にA5スポーツバックです。

みな

A5クーペは2ドアで700万だもん、ラグジュアリー過ぎだよ…。

でもクーペって本来そういうものだしねぇ。

 

A5スポーツバックは名前のとおり「スポーツバック一族」で、A3スポーツバックのお兄さんにあたります。見た目はフロントもサイドも全然違うので、相当ランクアップする印象です。

A4とA5スポーツバックで迷う人のほとんどは、圧倒的に美しいデザインと高い利便性に説得されてA5スポーツバックを選びます。天井は低いですが荷室容量はそれなりに確保されています。

A4・A5の荷室容量ザックリ比較
  • A4セダン…480L
  • A4アバント…500L
  • A5クーペ…460L
  • A5スポーツバック…460L
  • A5カブリオレ…380L

 

中古車市場を見ると、まずA5クーペは台数自体が40台程度と非常に少ないためほとんど選ぶことができない上に、50%以上は6万km超のクルマなのでレア感の強い印象があります。

みな

そもそも欲しい人が少ないし、買う人は好きな人だから長く乗るもんね。

街中でも10年以上前のモデルとかよく走ってるよなぁ。

 

スポーツバックでは5万km以内300万円~500万円ほどが相場価格で、3万km以下の低走行となると450万円~550万辺りが目安です。ボディ色は白・黒・シルバーの順で多くなります。

A5スポーツバックのボディカラー人気順
  • 第1位…ホワイト系(43%)
  • 第2位…ブラック系(33%)
  • 第3位…シルバー系(24%)
  • 第4位…レッド系(4%)
  • 第5位…ブルー系(3%)

 

Q5 ディーゼルエンジンのみの堂々たる輸入車SUV

■ スペック一覧

項目詳細スペック
サイズ(全長)4,680mm
サイズ(全幅)1,900mm
サイズ(全高)1,665mm
重量1,910kg
最小回転半径5.5m
燃費(JC08)17.4km/L
エンジン2.0TFSI
最高出力/トルク204ps/400Nm
タイヤサイズ18inch(235/60)
MMIナビ○(標準装備)

※Q5 40TDI quattro advancedを基準

 

■ 新車価格一覧

モデル・グレード新車価格
Q5 40TDI quattro advanced7,070,000円
Q5 40TDI quattro S line7,650,000円

《参考》Q5スポーツバック(2021年8月~)

モデル・グレード新車価格
Q5スポーツバック 40TDI quattro advanced7,440,000円
Q5スポーツバック 40TDI quattro S line8,020,000円

 

アウディのミドルサイズSUVで全幅1,900mmと堂々たるサイズを誇るのがQ5です。このクラスになるとMMIナビ・ドライブセレクト・オートクルーズは全て標準装備です。

エンジンは40TDIと呼ばれるディーゼルエンジンのみで、スポーツ仕様のSモデルにならないとガソリンエンジンは搭載されません。

みな

街乗りをメインとした使い方を想定してるってことね。

まぁSUVで峠やサーキットには行かないからね。

 

またエアサスペンション仕様が選べるのもQ5の特徴で、より柔らかな乗り味を追求することもできます。車高は-15mmとなり、ドライブモードを変えれば車高も下がってくれます。

さらにQ5にはQ5スポーツバックと呼ばれる天井高を下げてクーペSUVに仕上げた派生モデルも存在します。仕様はQ5とほぼ同じですが、価格が50万ほどアップします。

みな

ミドルサイズSUVのクーペっていつ見てもイカツイよね…。

ベンツもBMWも似たようなモデルがあるね。

 

中古車市場を見ると、Q5では3万km以下の低走行車が50%を占めており400万円~750万円のなかなか高価な価格レンジとなります。そのうちディーゼル車は60%を占めています。

Q5の中古車における走行距離・エンジン種類の目安
  • 走行距離

3万km以下…52%

3万km~5万km以下…22%

5万km~7万km以下…14%

7万km~…12%

  • エンジン種類

現行モデル(2017年~)

ガソリンエンジン…40%

ディーゼルエンジン…60%

先代モデル(2009年~2017年)

ガソリンエンジン(2.0TFSI)…90%

ガソリンエンジン(3.0TFSI)…3%

ガソリンエンジン(3.2FSI)…7%

※ディーゼルエンジンはなし

 

Q5スポーツバックはまだ発売して1年半しか経っていないため、600万円~800万円の価格帯に固まっており中古車で買うメリットは見当たりません

ただ1つ触れておかなければならないのは、30台程度の中古車のうちボディカラーの50%以上が青色である点です。広告用モデルの青色が予想以上にユーザーに人気のようです。

Q5スポーツバックは青色が超人気!

Q5スポーツバックの中古車では、50%以上のボディカラーが青色となっている。今後リセールを考慮して買う場合は青色の価格が高く取引されると予想される。

 

まとめ

 

アウディは新車だと最低でも400万円以上、Dセグメントモデルになると600万円~800万円となかなか普通には買えない車両本体価格ですが、価格に見合うクオリティは大きな魅力です。

新車なら高価なアウディも中古車なら半額以下の100万円~400万円で十分元気に走るクルマを手に入れることができ、人気のあるクルマは売却時にもそれなりの価格が付きます。

しかし、中古車はしっかりと選別して状態の良いクルマを選ばないとメンテナンス・維持費にお金がかかってしまうケースもあるので、信頼できるプロに依頼するのが安心です

中古車選びのプロが専任で相談に乗ってくれるズバブーンを利用すれば、修復歴なし・輸入車5年保証・1ヶ月以内返品OKと万全のサポートにより安心してクルマ探しができます。

無料登録はたった35秒!

プロの専任担当者がクルマ探しのお手伝い!

無料で非公開車両が探せる「ズバブーン」はオススメ!輸入車の中古車でもプロが1対1で相談に乗ってくれるので安心!

2021年8月17日



 

アウディのアクセサリー集

アウディに関する多種多様なアクセサリーのお買物まとめ!お手軽ドレスアップからキーホルダーまで!

2020年11月29日

みな
50種類を超えるお手頃価格のアクセサリーをまとめてご紹介!輸入車オーナーなら誰でも楽しめます!
状態の良い中古車を誰よりも早くゲット!
カーセンサーやGoo-netといった大手中古車サイトで見れる中古車は、実は全体の30%に過ぎないことはご存じですか?

残りの70%は「非公開車両」と言って、通常は見ることができない、低走行の優良中古車(ディーラー試乗車等)や貴重なオプション装着車が数多く存在します!

無料で非公開車両が探せる「ズバブーン」はオススメ!輸入車の中古車でもプロが1対1で相談に乗ってくれるので安心!

2021年8月17日

無料登録はたった35秒!

プロの専任担当者が探してくれる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。