S3スポーツバックに搭載の高性能エンジンは280psかつ380Nmを誇る!あまりの敏感な反応にびっくり!?






好条件の中古車を安く手に入れる

新型クラウン4種類で一番好きなのは?

1.クロスオーバー

2.スポーツ

3.セダン

4.エステート

★R4/7/21より投票中!
生まれ変わった16代目クラウンは、既成概念をぶっ壊し4つのボディタイプが登場。
投票結果はまた記事にしてお伝えしたいと思います!
---------------------------------------

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

☆ナンバープレートがLEDで光るキーホルダー!

☆シートのすき間の落下防止&コンパクト収納!

S3スポーツバックオーナーレビュー、今回はドライブフィールに直結するエンジン性能についてご紹介します。搭載する2.0TFSIエンジンは以下のスペックです。

S3の2.0TFSIのスペック

型式…CJX

排気量…1984cc

出力280ps(マイナーチェンジで⇒285ps⇒290ps)

最大トルク380Nm(1800~5100rpm)

0-100km/h加速4.9秒(最終モデルは4.8秒)

A3との違い…5秒を切る俊足であり走行フィールはA3とは全くの別物で、一緒なのはクリープの速度くらい。サウンドも乾いた荒々しさがあり、排気音も明らかに違っていて車内外問わず迫力バッチリ

 

巷の試乗レビューでは、穏やかと形容しているものもありますが、クイッと軽く踏み込んだ所から明らかに鋭く、穏やかと感じるのは高速巡航している時くらいです。

 

しかしそんな特別な赤バッジだからこそ、

「S3試乗したいけど何か行きづらいなぁ…」

なんて思っている人も多くいるはずです。

みな

もしや走り屋の人なのかな?とか思われそう(笑)。

ちょっと気恥ずかしい感じはあるよね。

 

鍛え上げられたエンジン性能

 

実はS3搭載の2.0TFSIは、めちゃくちゃ多くのモデルに搭載されている超汎用エンジンです。しかし、超汎用ですが超優秀で、エンジンオブ・ザ・イヤーを5年連続受賞していたこともある世界的に有名な直噴ターボエンジンです。

A3以外にもA4・A5・A6以降ほとんどのモデルで使われていますが、実は出力は非常に細かく分けられています。

A1・A3・TT・A5・A7をモデル・グレードを跨いで比較!スポーツ走行ならやはり2.0TFSI!《エンジン性能順編》

2020年1月11日

 

特に現行モデルで生産終了のTTクーペを見るとわかりますが、3つのグレードの出力がどれも違うというナゾ仕様です。

TTクーペ40TFSIの2.0Lターボは意外とジェントルな仕立て!?乗り味は重厚感たっぷり!《走行性能編》

2021年1月10日
みな

おぉ~すごい。これって少しずつコンピューターで制御してるってことだよね。

うん、本当は300ps出せるのにケチケチしてるという…。

 

イイ物だから高い」は納得できますが、安くできるのにわざと性能を落として売るというのは、アウディ歴10年超の私としては反対です。TTをヒラヒラと走らせるにはTTSレベルの出力が望ましく、40TFSIでは胸のすく加速とまではいきませんでした。

S3のエンジンスペックを同世代のA3と比較してみると、よりS3の凄さが際立ちます

 

S3のスペックは280ps⇒285ps⇒290psと、マイナーチェンジの度に5psずつ上がっているので、中古車を狙うときは見ておきましょう。「外せないオプション3選」と合わせてチェックすれば、より上手にS3スポーツバックを狙えます

アウディS3スポーツバックの中古車をお探しの方必見!S3オーナーがオススメの必須オプション3選!

2020年4月20日

 

また、ハイパワーだと扱いづらいと思いきや、380Nmの最大トルクを1,800回転から発揮するので、日常使用でも機敏で快適と言えます。

シフトアップも1,900回転と同じくらいですが、それでも乗り始めた頃は機敏過ぎて扱いに困るレベルだったので、街乗りでも速さは申し分ありません。

みな

最初は「この加速どこで使うの?」感が凄かったよね。

そう、これがアウディのスポーツかと。

 

これだけの馬力を生み出しながらも燃費も意外と良く、下道6割・高速4割でエコでもなく普通に乗って9km/Lくらいはあります。下記の参考記事では燃費の他、各ギアごとの回転数もサクッとまとめてみました。

速くて快適なS3 Sportsbackの燃費やエンジン回転数をご紹介!1リッター当たり何キロ走れる?《燃費編》

2020年3月2日

 

0-100km/h加速は驚きの4秒台!

 

S3はアウディ自慢の赤バッジモデルだけあって、0-100km/h加速は4.9秒と5秒を切るタイムとなっています。最終モデルの290psでは4.8秒へとコンマ1秒だけ早くなっていますが、感覚としてはほとんど変わりません。

同世代のA3と比較すると、いかにS3が飛び抜けているかが分かると思います。

 

ベースグレードの1.4TFSI(後の30TFSI)から見ると、実に1/2の加速タイムとなっており、2.0TFSI(後の40TFSI)からも2秒弱速くなっています。新型A3 30TFSIは売れ筋が1.0TFSIとますますダウンサイジングが進み、0-100km/h加速は10.6秒まで遅くなってしまいました。

A3スポーツバック30TFSIの3気筒1.0TFSIは、出足~低速域でマイルドハイブリッドの効果絶大!《走行性能編》

2021年8月24日

 

0-100km/h加速のタイム感は分かる人しか分かりませんが、6秒台でも十二分にスポーティです。一般的には8秒台でも速いと言われるレベルなので、スポーツ志向でない人だとむしろやり過ぎ感を受けるかもしれません。

みな

トヨタのプリウスで大体10秒くらいだよ。

それでもすごく遅いとは感じないからね。

 

5秒台になると国産車ではシビックタイプR・フェアレディZといった純スポーツモデルでないと達成できないタイムです。アウディならA4やA5の上位モデルで何とか5秒台に入れるかなといった印象で、「しっかり走れるクルマ」がラインナップに並びます。

 

S3の4秒台の感覚はというと、下道では「踏みたくなっても危なくて踏めない」ほどで、ベタ踏みは高速以外ではほぼできません。周囲のクルマからしても予想だにしない速度となり、普通に目の前で全く気づかずにウインカーを出して車線変更されたりします。

みな

そんな危ない運転しちゃダメ!事故になったらどうするの!?

ごめんごめん、ホントの乗り始めの話だから…。

 

また、加速中にハンドルを切ると制御できないため、全開加速しながらコーナーを曲がるなんていう走り方も物理法則が許してくれません。さらに昔ながらのタービンが回るドッカンターボなので、微調整は効かずぶっ飛ぶか飛ばないかの2択で扱いづらい感覚があります。

ただローンチコントロールによる停止状態からの0-100km/h加速は素晴らしく、会社でイヤな事があった時のストレス解消にバッチリです。いやほんと

アウディS3に搭載されるローンチコントロール(急発進)の操作方法や0-100km/h加速について解説!

2019年12月12日
みな

えっと、何かイヤな事があったのかな…?

ううん、別に…。全くどいつもこいt…

 


みな
車をディーラー下取りしちゃうと実は30万以上損していることも! 電話1本でカンタンにあなたの車を高額買取できます!

高額で車買取するならユーカーパックか楽天Carオークションがお勧め!連絡は運営会社の1社だけで簡単かつ安心!

2022年5月5日

最初は過敏に感じるアクセル反応

 

S3は280psというスポーツカー顔負けのスペックの割には、普段は比較的大人しくて扱いやすいモデルです。ただそれでも、通常のA3と比べると相当にキビキビしているため、乗り始めはアクセルワークに気を使いました

みな

初めて乗ったときは、「どうしてこんな敏感過ぎる設定にしたの!?」ってずっと思ってたよ(笑)。

優しく踏んで加速するのが難しいよね。

 

軽く2〜3割踏み込むだけで身体が後ろに引っ張られるような加速感で、前のA3(2.0TFSI)だと既に半分以上踏み込んだような感覚でした。まるでクルマが羽のように軽く、どこぞの試乗レビューで「高級ジャケットのようだ」と見た時は言い得て妙だなと非常に感心しました。

 

…しかし私には高級すぎたのか、乗り始めて半年ほどはアウディドライブセレクトで「コンフォート」でないと過敏で乗りづらく感じていました。「コンフォート」にすると出足も幾分マイルドとなり、A3やその前に乗っていた国産車と似た感覚で乗れました。

ドライブセレクトでは控えめな設定のcomfortモード、加速もハンドリングも意外と鈍くない!《comfort編》

2019年12月4日
みな

それでもまだ敏感だったよね。豹変するアクセル開度が上に移っただけというか。

公道でレースするんかいっ!みたいな挙動だし。

 

半年から1年くらい過ぎて慣れてきて「やっぱりオートに戻してみるか」と思って切り替えてみると、以前ほど違和感は無くなっていました。「オート」ではより踏み込みに対して素直な反応で、やっと本来の俊敏なS3の魅力が分かってきました。

燃費と気持ちよさのバランス抜群!最も車がイキイキと走るドライブセレクトの自然体モード!《auto編》

2019年12月5日

 

ライバルのドイツ車ホットハッチでは控えめ

 

これまで乗っていたクルマとは全く違う機敏な走りのS3スポーツバックですが、他のホットハッチと乗り比べると「意外と大人しいのかな?」と感じるようになってきました。

特にベンツのAMGモデルであるA35セダンに乗った時は、公道がレース場かのように錯覚するようなバッキバキの走行フィールで、あまりの違いにビックリしました。

 

購入後しばらくしてから知りましたが、アウディが熱くない走りだというのは巷ではよく評論されているようです。実際に乗ってみて「確かになぁ…」と思うところはあります。

アウディの欠点・弱点3選を知って選ぶべきか乗ったらダメか判断しよう!ドイツ車の故障が多いのは気候の違い!?

2022年10月29日
みな

あくまでオートモードの時だけどね。ダイナミックにすればパキパキ走るよ。

日常使いも重視してるからそう言われるんだよねぇ。

 

小物アクセサリーのお買い物

 

ここで少し休憩して、アウディに関するちょっとしたアクセサリー類をいくつかご紹介します。

まずは、クワトロの象徴とされるゲッコー(ヤモリのマーク)を車内用フレグランスにしたものです。付属クリップを使ってエアコン吹出口に装着できるため、オシャレかつ可愛くていい感じです。

 

次は、炎天下の直射日光を手軽に防ぐことができる、暑さ対策の代表的グッズであるサンシェードです。アウディ純正アクセサリーなので品質も良く、ワンポイントで先ほどのゲッコーもあしらわれており素敵な仕上がりです。

 

続いては、クルマに乗る人が痛めがちな首・腰・背中を守る高級シートクッションです。今も医療現場で使われている安心の日本製で、激しい加減速やコーナーリングを楽しめるスポーツモデルには必須の逸品です。

エクスジェルは新素材の高級シートクッション!50年以上の歴史があり運転で腰が痛い人にオススメ!

2020年11月17日

 

最後は、自宅駐車場の空きスペースを登録するだけで、自動的に貸し出してお小遣い稼ぎができる「特P」のご紹介です。

初期費用0円で始められて、サイトに登録するだけでその後は基本的に何もしなくてよいにも関わらず、毎月10万近く儲かる事例がたくさんあります。

 

「特P」なら空きスペースで簡単副業!初期費用も固定費も0円で、好きな時だけ時間貸し!

2020年9月28日


 

まとめ

 

S3の持つ280ps/380Nmの2.0TFSIエンジンは、1,400kgの車重に対して余裕が有り余っています。もしオーナーになって初めて乗った時は、きっとコンパクトカーのような軽すぎる動きにビックリするはずです。

長く乗るほどにアクセルワークにも慣れてくるので、徐々に素早く移動できる便利さを実感するようになってきます。アウディの赤バッジではエントリーモデルとされるS3スポーツバック/セダンですが、身軽さ・素早さを強く感じることかできる素敵な1台です!

みな

うん、でも高級ジャケットのような身のこなしは魅力だけど、実は物足りなく感じてるトコがあるんだよね?

おっと、それはまた別記事でね!

S3 Sportsbackが遅く感じる!?オーナーじゃないと分からない意外な応答性とは?(アクセル反応の特徴1/2)

2019年11月30日



 

アウディのアクセサリー集

アウディに関する多種多様なアクセサリーのお買物まとめ!お手軽ドレスアップからキーホルダーまで!

2020年11月29日

みな
50種類を超えるお手頃価格のアクセサリーをまとめてご紹介!輸入車オーナーなら誰でも楽しめます!
状態の良い中古車を誰よりも早くゲット!
カーセンサーやGoo-netといった大手中古車サイトで見れる中古車は、実は全体の30%に過ぎないことはご存じですか?

残りの70%は「非公開車両」と言って、通常は見ることができない、低走行の優良中古車(ディーラー試乗車等)や貴重なオプション装着車が数多く存在します!

無料で非公開車両が探せる「ズバブーン」はオススメ!輸入車の中古車でもプロが1対1で相談に乗ってくれるので安心!

2021年8月17日

無料登録はたった35秒!

プロの専任担当者が探してくれる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。