アウディの全モデルを解説、まずはA1とA3の人気コンパクトハッチバックから!《全モデル編》1/3






好条件の中古車を安く手に入れる

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

☆車用ファブリーズで車内をいつも快適な空間に!

☆コインパーキングで困らないコンパクト小銭収納!

 

-記事内に商品プロモーションを含む場合があります-

ベンツ・BMW・フォルクスワーゲンと並ぶ、人気輸入車のアウディ。私は既に15年以上アウディオーナーを続けていますが、他のドイツ車と比較しても全く遜色ありません。

今回はそんなアウディの大半を占める基本的なAモデル(A=Attractiveで魅力的、引きつける力の意)について、A1から順に概要や価格帯・イメージ等を解説していきます。

 

■ A3スポーツバック(2021年~)

みな

今はA1~A8までラインナップされてるんだよね。A1だといくらで買えるのかな?

A1の最安値でザックリ300万くらいだね。

 

私が乗っていたのはA3スポーツバック 2.0TFSIに約8年、その後はS3スポーツバックに乗り換えて現在で7年以上乗り続けています。

【アウディ S3スポーツバック所有レビュー】S3 Sportsbackってどんな車?《レポート目次》

2019年11月23日

 

アウディの全モデルにおける新車価格を一覧表で見たい人、価格順や性能順に並び替えたい人は以下のリンク先に項目ごとに並び替え可能な一覧表を用意しているので、ぜひご覧ください。

 

※新車価格一覧表(価格順に並び替えOK!)

【2024年版】アウディ全車種&全グレード106種類の新車価格ランキング一覧!価格順に並び替えもできる!

2022年11月15日

 

また、アウディの中古車で100~500万の価格帯ごとにオススメモデルをまとめた記事もあります。新しく走行距離も短めのクルマを基準にしているので、安心して乗れるのでオススメです。

 

※中古車価格一覧表(100万~500万)

アウディは中古車ならオススメの人気車種でも100万~500万で狙える!各モデルの特徴と相場価格帯を比較しよう!

2022年10月15日

 

記事の執筆者について:S3スポーツバックに乗るアウディ歴15年超の輸入車好き。タイヤ業界で10年以上の勤務経験(タイヤアドバイザー資格)、ディーラーでのサービスフロント業務・エンジニア経験(国家整備士資格)あり。月間30,000PVの輸入車レビュー・タイヤ通販のブログ管理人。 ≪詳しいプロフィール

アウディのAモデルと価格帯

 

アウディのモデルにはAモデル・Sモデル・RSモデルの3種類があり、その中でも最もベーシックなモデルとされるのがAモデルです。

アウディでは基本的に「アルファベット+数字」の組合せで表され、A1・A3・A4、S3、S6、RS4、RS7といった感じで表記されます。

後ろに付く1~8までの数字は数が大きくなるほど上位モデルとされていて、令和6年現在では1が最小・8が最大となっておりこの数字は過去からほぼ変わりありません。

アウディ公式サイト「モデル名と特徴」:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/brand/start_audi/vol2.html

 

令和6年時点では、A1・A3・A4・A5・A6・A7・A8の7車種+SUVのQ1・Q2・Q3・Q4・Q5・Q7・Q8が基本モデルとして販売されています。

最近の新しいモデルとしては、SUVのQ6が2025年に日本導入予定、Q9が2025年にワールドプレミア予定となっています。Q9は以下のようなデザインで、フル電動となります。

「ゲームチェンジャー!新型アウディQ6 e-tron登場。 PPEプラットフォーム採用で革新的な進歩を果たした」の17枚目の画像

motor-fan「新型アウディQ6 e-tron登場」:https://motor-fan.jp/mf/article/209759/

みな

あれ、そういえばA2だけ無いんだっけ?

2005年まではあったんだけどね。

 

■ アウディA2(2003年モデル)

 

コンパクトな入門モデル:A1

 

数あるアウディのAモデルの中でも、最もコンパクトな末っ子モデルとなるのがA1スポーツバックです。

全長4,040mm・全幅1,740mm・全高1,435mmというサイズ感で、国産車で言うとヤリスクロスの全高-15mmといった感じで、日本でも取り回しはバツグンの1台です。

 

デザインに拘りが感じられる

 

デザインにも拘りがあり、特にフロント部の3連スリットは1983年にレースで大活躍した名車「スポーツクワトロ」の意匠の復刻版デザインとなっている点も人気の1つです。

 

■ A1スポーツバック(2019年~現行モデル)

 

2012年のデビュー当時は3ドア・5ドアの2タイプが販売されていましたが、小さくて2ドアハッチバックの3ドアモデルは人気が薄く2016年モデルを最後に販売終了となりました。

さらにデザインのもう一つの拘りとして、ルーフカラーをボディと別の色に設定することが可能(コントラストルーフという名称)で、好みに応じてオシャレ感をプラスできます。

 

■ A1スポーツバック コントラストルーフ

 

 

エンジンは1.0TFSI・1.4TFSIの2種

 

末っ子モデルのA1スポーツバックですが、エンジンは1.0TFSI(25TFSI)・1.4TFSI(35TFSI)が用意されており上位モデルではなかなかの速さです。

1.4TFSIだと150ps/250Nmとなり、パワーウエイトレシオは8.1kg/psでA3の下位モデル(12.0kg/ps)よりもかなり身軽に走ることが可能となります。

A1スポーツバックは高級コンパクト!価格・外観・内装・走行性能から違いを詳しくチェック!《総合評価編》

2020年4月30日

 

パワーウエイトレシオとは、馬力と車重を基準に比較することで車の性能を見る指標の1つです。一般的にこの数値が低いほどクルマの動きが身軽に感じることとなります。

少し古い記事にはなりますが、アウディのスポーツバック・クーペのパワーウエイトレシオを一覧表で比較した記事もあるので、気になる人はぜひご覧ください。

 

■ アウディ スポーツバック・クーペ パワーウエイトレシオ&価格比較

 

9割以上を占める1.0TFSI(25TFSI)だと速いという印象はありませんが、街乗り中心であれば十二分な性能であり、高速道路も難なくこなすので物足りなさは感じないハズです。

足回りの質感も高く、A3スポーツバックと比較した感じだと、むしろA1スポーツバックの方が重厚な乗り味だと感じるほどであり、コストカット感は全く無いのも魅力と言えます。

 

ただBMWには走りで劣る部分も…

 

なかなかイイ走りを見せてくれるA1スポーツバックですが、似た排気量のエンジンでライバルとして挙げられることも多いBMW 118iと比べると、少し劣る印象があるのもまた事実です。

エンジンスペックを比較するとA1スポーツバックの35TFSI(150ps/250Nm)と比較して、BMW 118iは1.5L(140ps/220Nm)と少し低くなっています。

しかし、実際に両者を試乗したことのある管理人からすると、スペックは落ちてもドライブフィールはBMWの方がワンランク優れている印象がありました。

 

■ BMW 118i

3気筒1.5Lターボとは思えない軽快さの118i Mスポーツ、気持ち良さ十分の走行フィール!《走行性能編》

2020年2月2日
みな

やっぱりスペックだけでは走行性能は分からないもんね。

これぞ駆けぬける歓びだねぇ。

 

ちなみにA1は、

2020年6月に1.0Lモデルを追加し、

ドライブトレーンは2種類となりました。

 

ちなみに25TFSIだと、

300万を切る価格で狙えますが、

装備は各所が削られていてイマイチです。

 

前後ライトはハロゲンだったり、

インパネの質感もさらに落ちてしまう等、

見える箇所も多くコストカットされています。

 

せっかく買うなら、

少なくとも「advanced」以上が、

所有する満足感も味わえてオススメです。

 

アウディでは入門モデルとされますが、

ドイツ車らしい重厚感のある乗り味は、

エントリーモデルとは思えません。

 

街中を静かに流すなら、

3気筒の1.0Lモデルであっても、

存分にアウディを堪能できます。

 

A1の中古車は200万以下!

 

A1スポーツバックは、

2019年にモデルチェンジされましたが、

基本的なエンジンスペックは変わりません。

 

2018年式までの先代モデルを見ても、

意外と3万km以内の好条件の車両も多く、

150万〜200万あれば十分射程範囲内です。

A1スポーツバックの中古車相場
  • 1.4TFSI(35TFSI) advanced

MMIナビ・HIDヘッドライト・コントラストルーフ装備

2012〜2015年式100万〜140万

2018年式付近(先代の最終モデル)…150万〜200万まで

※走行距離3万km以下・修復歴なし

【2024年版】アウディ・A1スポーツバックの中古車購入マニュアル!排気量とオプションはよく考えよう!

2021年9月26日

 

オプションでは、

ボディ部分とルーフ+4本のピラー色が異なる、

「コントラストルーフ」がオシャレです。

みな
A1で採用される前はR8のサイドブレードしか、似たようなオプション無かったんだよねぇ。

だからデビュー当初は付帯率高いんだよ。

 

ただ中古車は新車と違って

クルマの状態の如何によっては、

修理にお金がかかる可能性もあります。

 

しっかりとプロに相談した上で、

クルマ選びを進めた方が安心でき、

思わぬ失敗も防ぐことができるはずです。

 

ズバブーンなら、

プロの専任担当者が付くだけでなく、

ネットに出回らない非公開車両も選べます。

みな

大手中古車サイトで見れるのは30%くらいで、残りの70%は非公開車両なんだよね。

ココに好条件で安いクルマがあるんだよね。

無料で非公開車両が探せる「ズバブーン」はオススメ!輸入車の中古車でもプロが1対1で相談に乗ってくれるので安心!

2021年8月17日

 

大人気ハッチバックのA3

 

続いてのAモデルは、

ベンツAクラスやBMW1シリーズなど、

多くのライバルがいるA3です。

 

少し全幅が大きくなりましたが、

まだまだコンパクトと呼べるサイズで、

日本の道路事情にもピッタリです。

 

ライバル車にあたるモデルは、

概ね試乗レビューがありますので、

比較したい人はぜひご覧ください。

 

ライバル車の試乗レビュー

みな

最後の内燃機関モデルと言われてるけど、すっごくアグレッシブに生まれ変わったね

 

A3とゴルフは永遠のライバルで、

本ブログでも定期的に比較して

項目別の対決記事を書いています。

A3とゴルフ8はどっちがオススメ!?価格・外観・内装・走行性能から違いを詳しくチェック!《総合評価編》

2022年2月23日

 

A3も5ドアハッチバックなので、

A3スポーツバックと呼ばれ、

輸入車ではCセグメントに当たります。

 

ちなみに

S3スポーツバックも同様に、

Cセグメントに該当することになります。

【アウディ S3スポーツバック所有レビュー】S3 Sportsbackってどんな車?《レポート目次》

2019年11月23日

 

また

アウディでのスポーツバックの定義は、

「4ドアクーペ」となっています。

 

中古車は驚きの100万から!

 

ちなみに中古車では、

古めのモデルなら100万あれば

安心して買える条件の車があります。

みな

1.8TFSIは数年しか販売されてなかったけど、中古車価格は相当安いので見つかればぜひゲットしたいね!

10台に1台も無いくらいだね。

 

新しめの年式であれば、

200万~300万の範囲であれば、

全体的に条件は良さそうです。

【2024年版】アウディのA3スポーツバックを安く上手に買う中古車購入マニュアル!価格帯・年式・注意点を解説!

2021年11月28日

 

こちらもA1同様に、

非公開車両で探すのがお得なので、

中古車をご検討ならぜひチェックを!

無料で非公開車両が探せる「ズバブーン」はオススメ!輸入車の中古車でもプロが1対1で相談に乗ってくれるので安心!

2021年8月17日

 

ただ1つ注意点として、条件の良いクルマは満足度も高くて長く安心して乗れますが、一方で本当にコストパフォーマンスに優れているのかは落ち着いて判断する必要があります。

場合によっては上位モデルのA4・A5またはQ5までが射程圏内に入ってくるケースもあるので、アウディの中古車市場における相場価格帯は事前にしっかりチェックしておきましょう。

※引用・転載はご自由にどうぞ。ただし、引用・転載元の紹介として当ブログ(https://tone-edge.com/)へのリンクをご記載ください。

アウディは中古車ならオススメの人気車種でも100万~500万で狙える!各モデルの特徴と相場価格帯を比較しよう!

2022年10月15日

 

まとめ

 

アウディの基本モデルは、

アルファベットの「A」+数字で、

ランク分けがされています。

 

近年のアウディは、

出力表示へと変更したため、

排気量は分かりづらくなっています。

 

しかし

モデル名は必ずエンブレムがあるので、

今度見かけたら確認してみましょう

 

アウディロゴの歴史が気になる人は、

時系列順で実際のロゴを見ながら、

振り返れる記事を書いています。

アウディのロゴの由来を3分で簡単に分かりやすく説明!なんとシルバーの色にも意味がある!?

2020年9月27日

 

では次は

標準セダンのA4から、

順番に見ていきたいと思います。

アウディのA4とA5はベースは同じでも全然違う!価格やデザインを比較してみると?《全モデル編》2/3

2020年9月11日

 

もしお時間があれば

アウディオーナーを中心に楽しめる、

おもしろ雑学&便利グッズをどうぞ!

アウディのA1・Q2・A3・S3・TT・Q3試乗レビューまとめ!アウディ歴15年超のS3スポーツバックオーナーが語る!

2021年5月5日

 

また最近では

輸入車もサブスクで乗れるため、

検討してみるのもオススメです。

「SOMPOで乗ーる」は外車・輸入車も選べる自動車サブスク(カーリース)、安心して月額コミコミで新車に乗れる!

2020年9月13日

 

ドイツ車は維持費も高いため、

もし新車だと負担に感じる人は、

サブスクリプションもオススメです。



高額な維持費も月額コミコミ!

Web上でカンタン契約の人気サブスク!

「SOMPOで乗ーる」は外車・輸入車も選べる自動車サブスク(カーリース)、安心して月額コミコミで新車に乗れる!

2020年9月13日



 

アウディのアクセサリー集

アウディで使えるインテリア用品を50種類以上まとめてご紹介!どれも1,000~3,000円で気軽に購入できる!

2020年11月29日

みな
50種類を超えるお手頃価格のアクセサリーをまとめてご紹介!輸入車オーナーなら誰でも楽しめます!
状態の良い中古車を誰よりも早くゲット!
カーセンサーやGoo-netといった大手中古車サイトで見れる中古車は、実は全体の30%に過ぎないことはご存じですか?

残りの70%は「非公開車両」と言って、通常は見ることができない、低走行の優良中古車(ディーラー試乗車等)や貴重なオプション装着車が数多く存在します!

無料で非公開車両が探せる「ズバブーン」はオススメ!輸入車の中古車でもプロが1対1で相談に乗ってくれるので安心!

2021年8月17日

無料登録はたった35秒!

プロの専任担当者が探してくれる!

当ブログの情報収集の方針

当ブログは、タイヤ通販やタイヤ価格・交換に関する情報に関して正確かつ信頼できる情報を提供するために、以下のような権威性のある官公庁や各種団体・タイヤメーカー等のサイトを参考にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です