俊敏な出足が魅力のCLA180シューティングブレーク!スポーツモードならエンジン反応がさらに鋭く!《走行性能編》






好条件の中古車を安く手に入れる

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

☆トランクに美しく収納できる木製ボックス!

☆オフィスでもクルマでも使える低反発クッション!

 

-記事内に商品プロモーションを含む場合があります-

ベンツの入門オシャレワゴンのCLA180シューティングブレーク、今回は1.4Lの4気筒ターボエンジンの走行性能を詳しくチェックしてみます。

出力は決して高くなく、0-100km/h加速も9.6秒とお世辞にも速いとは言えないタイムではありますが、実際に試乗してみるとスペック以上の心地よさがありました。

ダウンサイジングされたとしても、実用性は全く失われない調整が「さすがベンツだな」と感じさせる仕上がりとなっています。

みな

走行モードをスポーツにすると、一瞬AMGを思い出させるような激しさが見えるのもイイね。

A35のダイナミズムには驚いたよねぇ…。

A35セダンは爽快で刺激に溢れた走行フィール!小さくてもAMGのエッセンスがたっぷり!《走行性能編》

2020年10月1日

 

またCLAシューティングブレークは中古車なら200万円台から狙えます。先代モデルから現在までの価格帯やグレード・オプションの選び方を詳しく徹底解説してまとめてみました。

【2024年版】CLAシューティングブレークの中古車購入マニュアル!オススメの価格帯・グレードを比較して解説!

2022年9月25日

 

ベンツは高級車の代名詞と言われるメーカーですが、実は意外な欠点もあることを見逃してはいけません。

ドイツ車歴15年超のアウディ・S3スポーツバックオーナーが考える、ベンツの欠点5選を以下のリンク先にまとめましたので、購入検討の人は必ず事前にチェックしておきましょう。

高級車の代名詞であるベンツの欠点5選はコレ!故障は意外と少ないけど、クルマ好きよりもお金持ちに見えてしまう!?

2024年1月3日

 

CLA180シューティングブレークのザックリ諸元表

◎サイズ全長4,690mm×全幅1,830mm×全高1,435mm

ひと言…全幅はCクラスの1,820mmより広い。

 

◎エンジンスペック1.4Lターボ 136ps/200Nm(最大トルク1,460~4,000rpm)

 

◎0-100km/h加速タイム9.6

 

◎ホイールベース2,730mm

 

◎最小回転半径5.1m

 

◎トランスミッション7速AT

 

◎車両重量1,460kg

 

◎JC08モード燃費16.5km/L

ひと言…WLTCモードだと15.0km/L。実燃費は大体カタログ値の60~70%が目安です。

アウディS3のシフトアップ時のエンジン回転数を詳しく解説!満タン法での実燃費はカタログ値の60%!《燃費編》

2020年3月2日

 

◎タイヤサイズ18インチ 225/45

ひと言…標準で18インチなので大きめ。ただ足回りはそこまで硬くない。

 

◎オススメカラーホワイト・ブラック・イエロー

ひと言…カタログだとAMGモデルがイエローなので、意外とこれもいいかも。

【参考】ベンツ公式サイト(CLAシューティングブレーク)

 

記事の執筆者について:S3スポーツバックに乗るアウディ歴15年超の輸入車好き。タイヤ業界で10年以上の勤務経験(タイヤアドバイザー資格)、ディーラーでのサービスフロント業務・エンジニア経験(国家整備士資格)あり。月間30,000PVの輸入車レビュー・タイヤ通販のブログ管理人。 ≪詳しいプロフィール

出足からトルクフルに感じる

 

エンジンをかけてみると、振動もなく静かに立ち上がりアイドリングも非常に静かです。ただ、遮音が効いているかというとそうでもなく、単純にエンジン音が小さいといった印象です。

公道に出て軽くアクセルを踏み込んでみると、多少のタイムラグの後に比較的鋭く加速していきます。1,460rpmから最大トルクを発揮するので、少し踏み込むだけで上限トルクに達します。

みな

最近は随分スポーティになったよね。昔はもっと穏やかだったと思うけど。

10年以上前くらいから少しずつね。

 

走行モードは初期設定のコンフォートでしたが、CLA180では「エコ」・「コンフォート」・「スポーツ」の3つがプリセットなので、コンフォートだから「快適」というワケでもありません。

優しく踏めば当然穏やかですが、信号待ちから走り出すシーンで5割ほど踏み込むと、1.4Lエンジンの性能を十分使い切るような加速感を見せてくれるので、街乗りではイイ感じです。

 

足回りはドイツ車では柔らかめ

 

街乗りをしていると、車両重量1,460kgの重さはそれなりに感じます。AMGパッケージも標準仕様も足は同じで意外と柔らかく、上下にフワフワと揺れる感覚があります。

より締まった足回りの方がスポーティな走りも楽しめる上に、街乗りでもシャキッとすると思うので、もう少し硬くてもいいかなぁとS3スポーツバックオーナーの私は感じてしまいます。

 

オプションで「AMGライン」を付けたとしても、スポーツサスペンションとはなりません。CLAの場合はAMGモデル(CLA35・CLA45)にならないとサスペンションは変わりません。

AMGモデルでないと電子制御ダンパーも付いておらず、スポーツモードでも足回りは同じとなります。AMGモデルになると「C」「S」「S+」の3つのモードで減衰力を変化させられます。

みな

AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」ってやつだね。

そうそう。しかも4輪とも独立制御で凄いよね。

 

 

ただそれでも、国産車と比べると硬めではあるので、国産車から乗り換える場合は一度試乗してみることをオススメします。特に首・背中・腰が痛い人は要注意と言えます。

念のためにシートクッションを用意する等して早めに対策しておくと安心です。日本製で50年以上の歴史を持つ「エクスジェル」なら、運転中のズレや振動から身体を守ってくれます。

エクスジェルは新素材の高級シートクッション!50年以上の歴史があり運転で腰が痛い人にオススメ!

2020年11月17日

 

運転による腰痛は血行不良が原因と言われていますが、実はクルマ自体に原因が潜んでいる場合もあります。

腰痛予防の対策3選と一緒にご紹介していますので、お金をかけずに解決してみたい人はまずこちらの記事を参考にしてみましょう。

運転すると腰が痛くなる原因は血行不良!腰痛を防ぐための効果的な予防対策を3つに厳選してご紹介!

2022年7月16日

 

走行モードで印象は結構変わる!

 

続いて、3つある走行モードのうち最もスポーティな「スポーツ」に変えてみました。排気音はさほど変わりませんが、アクセル開度に対する反応がかなり過敏になり、変化はよく分かります。

コンフォートモードでも穏やかでもないので、スポーツだと明らかに元気な走りです。ただステアリング反応はそれほど変わらず、あくまでエンジンレスポンスのみ変わった感じです。

 

ちなみに私のアウディS3にあるドライブセレクトでは「エフィシェンシー・コンフォート・オート・ダイナミック・カスタム」の5つとなっていて、オートモードが標準となっています。

アウディドライブセレクトにおける全モード4種類の概要をご紹介!【S3スポーツバック所有レビュー】

2019年12月2日
みな

S3はコンフォートだと性能を抑えて走ってる気がするけど、CLAだったらコンフォートで十分かなって思うね。

スポーツは「がんばってる感」があるよね。

 

エコモードは試していませんが、1.4Lエンジンで16.5L/km(JC08モード)と十分に低燃費なので、これ以上走りをスポイルする必要は無いかなと思います。

公式サイトに記載があるように、おそらくアクセルに対する加速感がより鈍くなり、より低回転でシフトアップするようなプログラムに変更するのだと思われます。

ダイナミックセレクトにおける各走行モードの特長(説明書抜粋)
  • ECOモード…低燃費モード。燃費重視のアクセル曲線やシフトポイントが選択され、シートヒーターやクライメートコントロールの出力も最適に制御されます。
  • コンフォートモードエンジン始動時の標準設定。バランスよく効率にも優れるモードです。エンジン停止後、4 時間以内に再始動した場合は、直前に選択していたモードで起動します。
  • スポーツモードよりダイレクトなステアリング特性、スポーティなアクセル曲線とシフトポイントが選択され、アジリティとダイナミズムを高めます。AIRMATIC サスペンション装着車ではサスペンションが固めの設定となります。

※メルセデス・ベンツ FAQより

 

0-100km/h加速は9.6秒と速くない

 

CLA180の1.4Lエンジンは、街乗りではほどよく元気で必要十分といった印象ですが、0-100km/h加速だと9.6秒と決して速いタイムではありません。

みな

これはCLA180クーペだけど、おそらくここから0.2~0.3秒遅いくらいかな。

まぁ大体同じくらいのタイムだね。

 

ただ、実際の体感はもう少し速く感じると思います。なぜなら理由は2つあって、1つは出足がトルクフルなので一瞬とても速く感じ、その感覚がしばらく持続するためです。

もう一つはエンジンサウンドで、アウディやワーゲンのように誇張されず本来のサウンドのみが聞こえてきますが、あまり遮音されることなくダイレクトに車内に加速サウンドが響くためです

 

ただ1.4Lエンジンは4気筒ではありますが、吹き上がった時のサウンドは魅力的とは言えず、むしろ「ガッツリ遮音してくれていた方がいいのでは?」と感じるレベルです。

しかしそれでも、他メーカーと比べると大きな音量で聞こえてくるため、何となく速いような気がしてしまう…という印象を持ってしまいました。

みな

上の動画でも分かるけど、決してイイ音ではないんよねぇ…。

雑味があるというか甲高いというか。

 

例えばアウディA3ではもう少し遮音が効いていてサウンドが小さくVWゴルフ8ではスピーカーから補助的にカッコいいサウンドを足してそれっぽく聞かせています。

ゴルフ8は1.0eTSIの3気筒でもゴルフ7.5以上に爽快な走り!モーターアシストも自然で効果はバッチリ!《走行性能編》

2021年11月7日

 

速度域別では約50km/hから加速感は相当鈍くなり、出足の俊敏さとフルスロットルの感覚が非常に近しいため、アクセルの踏み込みでエンジン出力を調整するような感じではありません。

あくまで街乗り主体で、高速でも飛ばさず巡航している限りでは限界性能を感じにくいかもしれませんが、強く踏み込んだり激しくハンドルを切ると即座に限界が見えてしまうと感じました。

みな

でもある意味130psでこれだけ軽快に街乗りできるというのは優秀だと思うよ。

普通はそんなギュンギュン走らないか…。

 

まとめ

 

CLA180シューティングブレークは、街乗りに最適化された1.4Lエンジンを搭載しており、穏やかに乗る分には何の問題も無く、むしろ俊敏な走りを見せてくれます

走行モードを変えると、エンジン音やステアリングはほとんど変化しませんが、アクセルレスポンスはかなり激しくなってスポーツ気分をバッチリ味わえます

ただ、そこまで速くはないので、高速をかっ飛ばすよりは優雅なドライブを楽しむクルマだと考えておいた方が良さそうです。

では最後に、これまでのエクステリア・インテリア・走行性能等を総合的に評価して、10点満点で点数を付けてみたいと思います。

CLA180シューティングブレークをエクステリア・インテリア・走行性能から10点満点で判断すると!?《総合評価編》

2022年9月5日



 

アウディのアクセサリー集

アウディで使えるインテリア用品を50種類以上まとめてご紹介!どれも1,000~3,000円で気軽に購入できる!

2020年11月29日

みな
50種類を超えるお手頃価格のアクセサリーをまとめてご紹介!輸入車オーナーなら誰でも楽しめます!
状態の良い中古車を誰よりも早くゲット!
カーセンサーやGoo-netといった大手中古車サイトで見れる中古車は、実は全体の30%に過ぎないことはご存じですか?

残りの70%は「非公開車両」と言って、通常は見ることができない、低走行の優良中古車(ディーラー試乗車等)や貴重なオプション装着車が数多く存在します!

無料で非公開車両が探せる「ズバブーン」はオススメ!輸入車の中古車でもプロが1対1で相談に乗ってくれるので安心!

2021年8月17日

無料登録はたった35秒!

プロの専任担当者が探してくれる!

当ブログの情報収集の方針

当ブログは、タイヤ通販やタイヤ価格・交換に関する情報に関して正確かつ信頼できる情報を提供するために、以下のような権威性のある官公庁や各種団体・タイヤメーカー等のサイトを参考にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です