S3スポーツバックのサーモスタット交換は25万の高額修理!輸入車の維持費・メンテナンス代が心配な人必見!






好条件の中古車を安く手に入れる

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

☆丈夫な10本骨の折り畳み式の簡単設置サンシェード!

☆右腕を休ませる肘掛けとなるアイディア商品!

 

-記事内に商品プロモーションを含む場合があります-

普段は元気に快走している私のS3スポーツバックですが、走行距離も4万kmを過ぎた頃、ついに高額修理を要する故障が発生してしまいました。

費用は何と以下の通り約250,000円で、原因はサーモスタットと呼ばれる温度計の故障です。クーラントと呼ばれるエンジン冷却水の温度調整が出来なくなってしまいました。

 

■ S3スポーツバックのサーモスタット交換費用

みな

ひえぇ…、250,000円もあったらたくさんエアロ買えちゃう…。

車検で言うと2回分くらいはあるね…。

S3スポーツバックの車検費用の相場をオーナーが徹底解説!ディーラーと地元の修理工場における金額差は!?

2023年11月26日

 

今回は、運転中に異変に気付いた瞬間から具体的な修理費用まで詳しくご紹介していきますので、アウディ等の輸入車の維持費が気になる人もぜひチェックしてください。

正規ディーラーで修理したためかなり高額な修理費用となりましたが、おそらく地元の修理工場に依頼すれば半分くらいで収まったと見積もっています。

もし「ディーラーでの修理費用が高すぎる…」とお悩みの人は、ディーラー下請け工場に直接依頼できる「buv.LABO」なら最低でも20~30%は安く収まるのでオススメです。

buv.LABOで無料見積りを依頼する

メールは24時間365日対応

 

S3スポーツバックの故障・修理事例は以下の通り他にもたくさんあります。どれも詳しく分かりやすく説明しているので、ぜひ気になる項目をチェックしてみてください。

アウディ・S3スポーツバックの維持費って高い!?実際に輸入車オーナーが5年間で経験した故障・修理をご紹介!

2022年3月26日
  • 車検費用100,000円

S3スポーツバックの車検費用の相場をオーナーが徹底解説!ディーラーと地元の修理工場における金額差は!?

2023年11月26日
  • オイル交換12,000円

アウディS3スポーツバックのオイル交換をディーラーとオートバックスで比較!メンテナンス費用は3倍違う!?

2022年10月8日
  • サーモスタット交換250,000円

S3スポーツバックのサーモスタット交換は25万の高額修理!輸入車の維持費・メンテナンス代が心配な人必見!

2022年10月1日
  • クーラント周辺修理35,000円

S3スポーツバックでエンジンの冷却水(クーラント)漏れが発生!リザーバータンク・センサー交換の料金は!?

2022年3月6日
  • バッテリー交換55,000円

アウディS3スポーツバックの純正バッテリー交換の費用って?ある朝突然エンジンがかからなくなる!?

2020年12月25日
  • ホイールガリ傷補修25,000円

S3スポーツバックの18インチホイールについたガリ傷、修理と交換で費用が安いのはどちら?

2020年8月23日
  • ボンネット剥がれ補修70,000円

S3スポーツバックのボンネットに飛び石のような塗装が剥げたキズが!ディーラーで修理費用を見積ると…?

2020年5月26日
  • 18インチタイヤ交換110,000円

アウディS3の維持費はやっぱり高い?タイヤ交換で「パイロットスポーツ4」へ、価格や乗り味は!?

2020年5月11日

 

以前8年間乗っていたA3スポーツバック(2007年式、2.0TFSI)の維持費も同様にまとめていますので、A3/S3の購入を検討している人はきっと参考になるハズです。

アウディA3のオーナー歴8年間で経験した故障・修理の費用をご紹介!輸入車の維持費ってやっぱり高い?

2021年6月5日

 

記事の執筆者について:S3スポーツバックに乗るアウディ歴15年超の輸入車好き。タイヤ業界で10年以上の勤務経験(タイヤアドバイザー資格)、ディーラーでのサービスフロント業務・エンジニア経験(国家整備士資格)あり。月間30,000PVの輸入車レビュー・タイヤ通販のブログ管理人。 ≪詳しいプロフィール

走行中に突然の警告音

 

それはある夏の晴れた日でした。公園に散歩でも行こうかと思ってクルマを走らせていると、突然「ピーッ!」という警告音とともにディスプレイにエラーが表示されました。

この警告音はエンジンをかけて乗り込む時にもよく聞く音ですが、乗り込む時にはそこまで深刻なエラーであることは少ないです。しかし走行中のエラーは違います。

 

4つのエラーメッセージが発生

 

走行中のエラーは致命的なエラーが多いので、驚いてディスプレイを凝視すると複数のメッセージが踊り狂っていて真昼のダンスパーティが開催されていました。

エラーメッセージ一覧
  • 最高エンジン回転数4,000rpm

⇒アクセルを踏み込んでもエンジンが全然回らなくなる。ドライブセレクトのEfficiencyモードの30%くらいの感覚

 

  • スタート/ストップシステム故障!利用できません

⇒アイドリングストップシステムが使用不可となるメッセージ。ただし、私のクルマは「プラグコンセプト」でそもそも切っているので関係なし。

アウディのアイドリングストップは毎回自動的に切っておける?S3以外でも使える簡単な方法をご紹介!

2020年2月14日

 

  • ACC:利用できません

⇒クルーズコントロールが使用不可となるメッセージ。普段からあまり使わないので影響はありませんでした

 

  • Audiプレセンス:システム故障!

⇒前方に障害物が急接近したときに自動ブレーキをかける「ブレーキガード」を中心とした緊急用システムが使用不可となる。

 

この4つのメッセージが次々と順番に表示され、トラブルの原因を知らせるというよりは怖がらせようとしているようにしか感じず、肝心の原因は全くわかりませんでした。

4つのメッセージのうち最も心配だったのはエンジン回転数の制限で、それはやはりエンジンに問題があると修理費が3ケタ万円に達することもあると聞いていたためです。

最初は上限6,000rpmだったのですが、走っていると5,000rpm→4,000rpmと段々と落ちてきていました。

みな

リアルタイムでどんどん上限が下がってくると、さすがに不安になるよね…。

いやもう、エンジンオワタ\(^o^)/…みたいな。

 

また、ディスプレイにメッセージは出ていない排気系エラーも出ていましたが、こちらは触媒の関係等でたまにエラーが表示されるのでそれほど心配はしていませんでした。

すぐにアウディのサービスセンターに電話して状況を説明すると、「排気系エラーが出ているなら燃料調整とかでエンジンに制限がかかってるのかも?」とのことでした。

 

修理までに何回か乗っても改善せず

 

とりあえず予約した後、修理に持っていくまでにも何回か乗ってみました。すると乗り始めはエラーなく普通に乗れますが、30分ほど乗っていると同様のエラーが表示されていました。

エンジン回転数のエラーをきっかけに、残りのエラーも芋づる式に出てくる感じだったので、「原因は1つなのかな…?」という印象はありました。

クルーズコントロールやアイドリングストップはそもそも使っていないのでエラーが出ても問題ありませんが、エンジン回転数のエラーは困ります。

エンジン回転数エラーの影響

エンジン回転数の上限が6,000⇒5,000⇒4,000rpmと落ちていくエラーが発生すると、どのエラーでもアクセル反応が著しく低下する。キックダウンスイッチの手前くらいまで踏み込んで、やっと交通の流れについていける程度の加速しかできなくなってしまう。

みな

半分踏み込んだくらいでは全然周りの流れについていけなかったね…。

でもキックダウンさせるのは怖いし…。

 

アウディのディーラーで修理・交換

 

アウディのサービスセンターでテスターを通して見てもらうと、エンジンを冷やすクーラント(冷却水)の温度を見るサーモスタットが故障していたようでした。

実は以前からクーラント漏れは常時発生していて別記事でも取り上げています。ただ今回はワイヤーハーネスというケーブルも損傷しており同時に交換が必要とのことでした。

S3スポーツバックでエンジンの冷却水(クーラント)漏れが発生!リザーバータンク・センサー交換の料金は!?

2022年3月6日

 

原因はサーモスタットの故障

 

サーモスタットは両手にスポッと収まるくらいの小さな部品ですが、クーラントの温度を監視していてエンジンが熱を持ちすぎないよう常にチェックしてくれる大切なパーツです。

みな

へぇー、そんなに精密な部品には見えないのにね。

パーツだけならAmazonでも買えるよ。

 

サーモスタットとは簡単に言うと温度計のことで、エンジンを循環するクーラントの温度を上げ下げしながら、他のシステムと連携してパフォーマンスを調整してくれます。

サーモスタットが故障するとクーラントの温度が分からなくなってしまうため、回転数の上限設定を初めとしてエンジンを守るためにシステムで制限されるとのことでした。

当初出ていたエラーの理由をまとめると以下のようになります。テスターで分かるエラーメッセージからAIで判断してメッセージを表示してくれたら便利なのにと思ったりもします。

エラーメッセージ一覧とその理由
  • 最高エンジン回転数4,000rpm

⇒クーラントの温度が分からないと、エンジンの冷却ができずオーバーヒートする可能性があるため制限がかかる。

 

  • スタート/ストップシステム故障!利用できません

⇒アイドリングストップはエンジンを制御するシステムであるため、クーラントによるエンジンの冷却状態が分からない場合は機能OFFとなる。

 

  • ACC:利用できません

⇒オートクルーズはアクセル開度を自動で調整するため、言い換えればエンジン回転数を制御することとなる。上記同様にオーバーヒートを防ぐため機能が制限される

 

  • Audiプレセンス:システム故障!

⇒取扱説明書にも記載があり、ACCの故障時は連動して使えなくなる。アイドリングストップ時にはエンジン回転数を読み取る必要があるためと思われる。

みな

なるほどね。つまりエンジン動作の制御系統がひとまとめに使えなくなったと。

あんな一気にメッセージ出さなくても…。

 

修理費用はそれなりにかかりそうな印象ではありましたが、以前乗っていたA3スポーツバックのコンプレッサー大爆発で約15万だったので、まぁ同じくらいかなぁ…と思っていました。

走行中にエアコン大爆発!アウディA3の維持費で高額だった事案《エアコン故障・ガス充填編》

2019年12月25日

 

しかし、担当の人が「修理は必須ですけど、費用はそうですねぇ…30万いかないくらいですかねぇ…。」と言ったのを聞いて、私は初めてS3スポーツバックに乗ったことを後悔しました。

詳しく内訳を聞いてみるとそもそもサーモスタットの部品だけで10万超とのことで、エンジン近辺で工賃も高くなってしまうとのことでした。具体的な内訳は以下の通りです。

みな

ま、まぁ大切な部品だしSモデルだし…。

5秒くらい固まったよホントに。

 

■ S3スポーツバックのサーモスタット交換費用

※クリックで拡大

 

ついでにクーラント(冷却水)も追加しましたが、ディーラー純正でも2,000円/Lほどで大した金額にはなりません。やはり高額修理の原因はサーモスタット本体と工賃です。

修理後は何のトラブルもなく快走していますが、今までS3スポーツバックに乗っている中で25万は最高額の修理だったので、今後も同様の故障があるのではないかとビクビクしています…。

以前のA3スポーツバックも走行距離が5万kmを超えた辺りから修理が増えだしたので、そろそろコチラも修理の頻度が増えるのではないかと心配しているところです。

 

正規ディーラーと同じ修理を格安で!

 

ちなみに今回はアウディの整備担当者が修理してくれましたが、ディーラーに依頼しても下請け工場に実際の作業を依頼するというのは意外と頻繁に発生します。

しかし実は、ディーラーを経由せずに下請け工場に直接依頼することができる「buv.LABO(ブーブラボ)」というサービスを利用すると修理費用を相当抑えることが可能です。

みな

無料見積りも作ってくれるから、試しに一度聞いてみるのはオススメだね。

20~30%は差があることが多いと思うよ。

 

板金塗装を始めとして、各種エラー・タイヤ交換・部品交換・エアコン点検や車検まで輸入車の様々なメンテナンスにかかる要望に応えてくれます。

buv.LABOで無料見積りを依頼する

メールは24時間365日対応

 

まとめ

 

初めにエラーが表示された時はサーモスタットの故障とは全く分からず、エンジンに何らかの不調が起きたのではと非常に心配しました。

メッセージには関連するもの全てが表示されるため、正確に原因が分からないケースもあるというのは今回良い勉強になったと感じています。

みな

すぐに原因が分かっちゃったら誰もアウディに持ち込まない…っていうウラの事情もありそうだけどね。

まぁでもテスター診断機はAmazonとかでも買えちゃうからね。

 

しかし、S3スポーツバックに乗ってから初めての高額修理となったので、これからしばらくは故障のない穏やかなカーライフを過ごしたいと思います。

その他の故障・修理事例は以下のリンク先にまとめています。今回は高額でしたが、基本はA3スポーツバックと共通仕様なのでそこまで高くないとは感じています。



 

アウディのアクセサリー集

アウディで使えるインテリア用品を50種類以上まとめてご紹介!どれも1,000~3,000円で気軽に購入できる!

2020年11月29日

みな
50種類を超えるお手頃価格のアクセサリーをまとめてご紹介!輸入車オーナーなら誰でも楽しめます!
状態の良い中古車を誰よりも早くゲット!
カーセンサーやGoo-netといった大手中古車サイトで見れる中古車は、実は全体の30%に過ぎないことはご存じですか?

残りの70%は「非公開車両」と言って、通常は見ることができない、低走行の優良中古車(ディーラー試乗車等)や貴重なオプション装着車が数多く存在します!

無料で非公開車両が探せる「ズバブーン」はオススメ!輸入車の中古車でもプロが1対1で相談に乗ってくれるので安心!

2021年8月17日

無料登録はたった35秒!

プロの専任担当者が探してくれる!

当ブログの情報収集の方針

当ブログは、タイヤ通販やタイヤ価格・交換に関する情報に関して正確かつ信頼できる情報を提供するために、以下のような権威性のある官公庁や各種団体・タイヤメーカー等のサイトを参考にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です