A1・A3・A5・A7スポーツバック&TTクーペのグレード別に身軽さを徹底比較!《パワーウエイトレシオ順編》






好条件の中古車を安く手に入れる

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

☆お札・小銭が入る驚くほどコンパクトな財布!

☆高級感溢れる3色展開のダブルリングキーホルダー!

 

-記事内に商品プロモーションを含む場合があります-

このモデル別比較シリーズでは、

アウディのスポーツバック・クーペを、

価格や性能の視点から比較しています。

 

最終回の今回は、

車の乗り味の軽さを示す指標である、

パワーウエイトレシオ順に並べます。

 

先ほどのエンジン性能順に加え、

車両重量も関係してくるため、

少しだけ順位が入れ替わります

みな

ううーん、なかなかマニアックな指標だねぇ。

クルマ好きなら知ってるんじゃない?

 

<公開中の記事はここから飛べます>

  • 概要はこちら

アウディのスポーツバック&クーペをモデル別にご紹介!4ドアクーペは秀逸なデザイン!《概要編》

2020年1月8日
  • 全車種の価格一覧はこちら

新車でアウディを買うなら400万でギリギリ、500万あればA5スポーツバックも視野に!【全車種編】

2020年1月9日
  • 価格順の比較はこちら

価格順に比較するとA5とTTが交互に並ぶ300万~600万前後のアウディをモデル別にチェック!《価格順編》

2020年1月10日
  • エンジン性能順はこちら

A1・A3・TT・A5・A7をモデル・グレードを跨いで比較!スポーツ走行ならやはり2.0TFSI!《エンジン性能順編》

2020年1月11日
  • パワーウエイトレシオ順はこの記事

A1・A3・A5・A7スポーツバック&TTクーペのグレード別に身軽さを徹底比較!《パワーウエイトレシオ順編》

2020年1月13日

 

※アウディの記事まとめ

アウディのA1・Q2・A3・S3・TT・Q3試乗レビューまとめ!アウディ歴15年超のS3スポーツバックオーナーが語る!

2021年5月5日

 

記事の執筆者について:S3スポーツバックに乗るアウディ歴15年超の輸入車好き。タイヤ業界で10年以上の勤務経験(タイヤアドバイザー資格)、ディーラーでのサービスフロント業務・エンジニア経験(国家整備士資格)あり。月間30,000PVの輸入車レビュー・タイヤ通販のブログ管理人。 ≪詳しいプロフィール

パワーウエイトレシオとは?

 

パワーウエイトレシオ(PWR)とは、

馬力と車重を基準に比較して、

車の性能を見る指標の1つです。

 

この指標は「kg/ps」という単位で、

細かいことは抜きで感覚的に言うと

数値が小さいほど車が軽く感じます。

みな

スポーツカーでよく使われるよね。

うん、スポーツ走行する前提だね。

 

この「kg/ps」という数値は、

1馬力で何kg引っ張るかという意味で、

数値が小さいほど優秀です。

 

数値が小さくなればなるほど

車重に対してエンジンが強く

よりパワフルな走行が可能です。

 

ちなみにトップモデルである、

R8のパワーウエイトレシオは、

なんと驚きの2.7kg/psです。

みな

数値なんて関係なくカッコいい、惚れちゃう…。

うん、これは数値関係なかったね…

 

このR8が誇る

2.7kg/psは驚愕のスペックですが、

平均値はどれくらいなのでしょうか。

 

パワーウエイトレシオを比較!

 

では

まずは各モデルを一覧表にして、

数値が小さい順に並べてみます。

みな

あ、今回は優秀なモデル順にしたんだね。

こっちの方が見やすいと思って

 

おおよその目安として、

街乗りなら9~10kg程度あれば、

優しく運転する分には十分です。

 

A1・A3を比較してみると?

 

最も低い数値なのが、

A1の25TFSIの12kg台で、

これはある意味仕方ありません

 

A1はエントリーモデルであり、

唯一300万以下で乗ることができる、

非常に貴重なアウディと言えます。

 

しかし侮るなかれ

乗り味は重厚感に溢れていて

A3をも凌ぐ素晴らしい乗り味です。

 

その次に来るのが、

A3のベースグレード30TFSIで、

ここで10kg台へと突入します。

新車でアウディを買うなら400万でギリギリ、500万あればA5スポーツバックも視野に!【全車種編】

2020年1月9日

 

A1のベースグレードと比べて、

+30万少々でA3に格上げできて、

さらにPWRも2割ほど向上します。

みな

12.3kg⇒10.8kgだから、ざっくり15%程アップしてるね。ふむふむ、これはお得だねぇ。

小さいのが好きならA1がいいけどね。

 

A1 35TFSIやA3 40TFSIでは、

8kg前後まで数値がアップするので、

さらに身軽に感じるようになります。

アウディA3、最も大切な走りの部分は!?1.4Lエンジンの加速やハンドリングに迫る!《走行性能編》

2020年1月6日

 

A1 35TFSIになると、

A3 30TFSIより高い数値となり、

走行性能では逆転現象が起きます。

 

ただ価格も、

A1 35TFSIの方が高くなるため、

コスパが良いわけではありません

 

ちなみに同じVWグループで、

ゴルフGTIを見てみると約6kgで、

ゴルフRだと5kgを割ってきます。

しっとりした高級スポーツのゴルフGTI Performance、加速感やハンドリングの印象は?《走行性能編》

2020年7月15日

 

 

A3の40TFSIは、

優秀な2.0TFSIエンジンですが、

それでもGTI/Rにはまだ敵いません

みな

やっぱり元祖ホットハッチの名は伊達じゃないよね。

ゴルフGTIは430万で安いんだけどね。

 

TT・A5・A7の高額モデルは?

 

A5以上のアッパーモデルでは、

PWRを考えるに当たっては、

ディーゼルは分ける必要があります。

 

ディーゼルエンジンは、

馬力は低くてもトルクが高いため

乗り味は数値以上に軽くなります。

 

グレード名に「TDI」とあると、

ディーゼルエンジンを指すので、

これらは非常に高トルクと言えます。

 

街乗りだと、

アクセルを軽く踏むだけでよく、

非常に快適かつ速く走れます

 

以前はディーゼル特有の、

ガラガラした音が聞こえましたが、

最近は随分小さくなりました。

 

そのため

音も静かでトルクも大きいので、

最近のディーゼルは人気があります。

 

しかしディーゼルは

高回転まで気持ち良く回らないため、

良し悪しはそれぞれの感覚によります。

 

一部例外もあって、

ベンツのG200dに試乗した時は、

とってもパワフルで元気がありました

GLA200dの2.0Lディーゼルエンジンはパワフルで街乗りに最適だが、上限は4,500回転まで!【走行性能編】

2021年3月18日
みな

ディーゼルにしては良い感じに上までスカッと回ったよね

ベンツの底力を見た気がするなぁ。

 

また同じ40TFSIでも、

TTは6.7kg/psまで軽くなり、

車重分でさらに身軽となります

 

500万弱で買える、

身軽なスポーツカーとして、

TTはかなり魅力的だと思います。

TTクーペ40TFSIの2.0Lターボは意外とジェントルな仕立て!?乗り味は重厚感たっぷり!《走行性能編》

2021年1月10日
みな

ちなみにS3のPWRはいくらなの?

現行S3だと5.2kg/psだね。

 

ちなみに参考として

トヨタが誇るスープラ(SZ-R)も、

5.6kg/psとS3とほぼ同じです。

みな

さすがにRZグレードには負けちゃうけどね。

もう完全なスポーツカーだもんね。

 

ただTTは、

現行で生産終了となったため、

新車で買うなら今しかありません。

 

新車が高いと感じる人や、

維持費が気になる人の場合は、

サブスクなら月額定額で乗れます

 

月額費用には、

維持費もしっかりコミコミなので、

高額修理に怯えることもありません。

カーリース人気オススメ5社の徹底比較ランキング!メリット・デメリット・向いている人もまとめてご紹介!

2021年5月29日

 

輸入車でサブスクするなら、

「SOMPOで乗ーる」しかありませんが、

充実のサポートでオススメできます。

「SOMPOで乗ーる」は外車・輸入車も選べる自動車サブスク(カーリース)、安心して月額コミコミで新車に乗れる!

2020年9月13日

 

次に

A5・A7のハイクラスモデルでは、

ディーゼルとガソリンがあります。

 

ディーゼルモデルは、

トルクの方が重要視されるため、

このPWRはあまり参考になりません

みな

まぁ走るためにディーゼル選ぶ人はいないから、特段問題も無いんじゃないかな。

ディーゼルで峠ってどうなんだろ…。

 

ガソリンエンジンを見ていくと、

A5クーペの45TFSIが6.4kg/psで、

A7だと7.3kg/psとなっています。

 

 

A5クーペは2ドアで、

とてもラグジュアリーなモデルなので、

ガソリンエンジンがよく似合います。

 

ディーゼルの方が高トルクで、

街乗りは便利かもしれませんが、

やはり回してナンボかなと思います。

 

またA7は相当重いため、

800万もする車両と考えると、

PWRは高めと言わざるを得ません。

 

A7は上位モデルの55TFSIだと、

なんとTT以下の5.5kg/psとなり、

エンジンの凄さが数値でも分かります。

アウディの全モデルを解説、A6・A7は700万、A8は1,100万からの高級車!《全モデル編》3/3

2020年9月16日

 

しかし今回のラインナップでは、

唯一の大台1,000万に乗っていて、

簡単に買える価格ではありません。

 

そう考えると

約半額で買えるTTの45TFSIが、

ほぼ同スペックというのは魅力的です。

 

S3も同じく600万少しなので、

単純にクルマの身軽さを見ると、

相当お買い得なのが分かると思います。

 

しかしS3は、

全幅1,785mm・全長4,335mmと、

見た目の威圧感はそれほどありません

 

せっかく輸入車に乗るなら、

迫力のあるクルマが欲しい人には、

やはりA5以上がオススメかなと思います。

 

ただサイズが大きくなるほど、

PWRも大きくのっそりしてくるため、

ここはトレードオフの関係となります。

 

まとめ

 

今回は

パワーウエイトレシオという、

独特な視点で比較してみました。

 

ぜひ気になっているモデルと、

乗り味の軽さを天秤にかけて、

購入検討の参考にしてください。

みな

クルマは何を買おうか選んでる時も楽しいもんね!

試乗レビューとか読み漁るよね。

 

おおよそ8kg/psを境界として、

ある程度スポーツ走行できるかが、

分かれる感じじゃないかと思います。

 

もし

たまには峠も走りたいならば、

A3なら40TFSIは欲しいところです。

 

逆に攻めた走りはしないけれど、

アウディの質感を味わいたいなら、

A1でも十分クオリティを堪能できます

 

走りの軽快さ」という観点では、

この指標は非常に役立つので、

ぜひ1つの参考にしてみてください!



 

アウディのアクセサリー集

アウディで使えるインテリア用品を50種類以上まとめてご紹介!どれも1,000~3,000円で気軽に購入できる!

2020年11月29日

みな
50種類を超えるお手頃価格のアクセサリーをまとめてご紹介!輸入車オーナーなら誰でも楽しめます!
状態の良い中古車を誰よりも早くゲット!
カーセンサーやGoo-netといった大手中古車サイトで見れる中古車は、実は全体の30%に過ぎないことはご存じですか?

残りの70%は「非公開車両」と言って、通常は見ることができない、低走行の優良中古車(ディーラー試乗車等)や貴重なオプション装着車が数多く存在します!

無料で非公開車両が探せる「ズバブーン」はオススメ!輸入車の中古車でもプロが1対1で相談に乗ってくれるので安心!

2021年8月17日

無料登録はたった35秒!

プロの専任担当者が探してくれる!

当ブログの情報収集の方針

当ブログは、タイヤ通販やタイヤ価格・交換に関する情報に関して正確かつ信頼できる情報を提供するために、以下のような権威性のある官公庁や各種団体・タイヤメーカー等のサイトを参考にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です